便秘を解消したい方のための総合情報サイト〜
便秘解消.net
 便秘外来ランキング・便秘の名医・新しい便秘解消法等の紹介
Last update 2014/6/4
presented by hossie
since 2011/5/1
トップページ ※記事やコンテンツ、データ等の無断転載・コピー等はお止め下さい。 Yahoo! JAPAN掲載サイト

信越・北陸地方の便秘外来のある病院

 便秘に悩む人の数は、食生活の変化のためか、ここ数十年間増加傾向にあり、日本全国で800万〜1000万人はいると言われています。
 ダイエットなどがきっかけとなって起こる便秘も多く、今や若い女性の半数以上が便秘で、便秘は日本人の国民病になったとも言われています
 このページでは、便秘解消に向けた情報提供として、信越・北陸エリアの便秘外来のある病院に関する情報を掲載しています。
(インフォメーション)
 ※便秘に関する更に詳しい情報を検索したい方は、こちらへどうぞ。便秘関連のキーワードをご紹介しています。
農学博士や医師、医学研究所が推奨する画期的なオリゴ糖商品!
(スポンサードリンク)

 現在、便秘をしっかり治そうと思ったら便秘外来のある医療機関に行くしかありませんが、こうした外来はとても数が少なく、また見つけにくいのが現状です。
 このページでは、便秘外来のある病院【信越・北陸地方】をご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。
 
信越・北陸地方の便秘外来のある病院
渡辺肛門科医院 便秘専門外来
 長野県松本市村井町北1-3-34 0263-86-2016
【病院の特徴】
 1981年に松本市に開業した大腸肛門専門の有床診療所です。
 おしりが痛い・かゆい・出っ張りがある・出来物がある・血が出るといった症状がありながら、“おしりを見せるのは抵抗がある”“治療時など痛いんじゃないか”“市販の薬で我慢しよう” など、人によっては何年も放置されることもあります。
 こうした状況に対して、同病院の院長である渡辺豊昭先生は「一概に、痔といっても様々なものがあります。 薬を塗ればいいもの、坐薬を使用すればいいもの、坐薬を使用してはいけないものなどがあります。 自己判断はやめて、思い切って専門医の診察を受けて下さい」と訴えています。
 渡辺肛門科医院では、肛門機能検査、大腸がん検診も行っています。また特殊外来として便秘専門外来や便失禁治療専門外来を予約制で行っています。
 長野県では評判の良い病院で、「全国名医・病院徹底ガイド」「おなか・お尻の痛みと不快感を治す」といった書籍で紹介されました。

【doctor's profile】病院へのヒアリング等による情報を掲載
渡辺豊昭先生(院長)
医学博士
日本大腸肛門病学会専門医
日本外科学会専門医
麻酔科標榜医
 院長渡辺豊昭先生、副院長渡辺洋行先生は肛門科に特化した本当の専門医であると評判も高く、待合室には「当院には常時5 名以上の看護師が勤務しています」という掲示が掲げられています。
 これらのスタッフ全員が肛門科疾患についてよく習熟し、無駄がなくしっかりした治療を担当してくれます。
 渡辺肛門科医院では、若い人から高齢者まで男女ともに非常に多くの患者が受診しているようです。
さいがた病院 便通異常外来
 新潟県上越市大潟区犀潟468-1 025-534-3131
【病院の特徴】
 食道、胃・十二指腸、小腸および大腸などの消化管の病気のみならず肝臓、胆嚢そして膵臓などの臓器疾患の診断治療を行なっています。
 特に、消化管の病気では胃がんや大腸がんが問題ですが、内視鏡検査(胃カメラ、大腸ファイバースコープ)による診断と治療は患者の予後を大きく変える可能性があります。
 また、肝・胆・膵などの臓器の病気は、腹部超音波検査、CT ScanそしてMRI などによる非侵襲性の検査により苦痛なく診断が可能です。
 さらに、検査をしても異常が見つからないのに消化器症状が持続する場合には、「過敏性腸症候群」などの"機能性消化管障害"の可能性があり専門的アプローチが必要です。
また、難病に分類されている「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」などの炎症性腸疾患でも専門的アプローチが要求されます。
 さいがた病院では、これらの疾患(機能性消化管障害、炎症性腸疾患)や下痢・便秘を来たす疾患を総合的かつ専門的に診療するために「便通異常外来」を設けています。

【doctor's profile】病院へのヒアリング等による情報を掲載
松枝啓先生(院長)
1969年岡山大学医学部卒
1969年東京国立第一病院 内科研修医
1973年渡米、Columbus-Cuneo Cabrini病院 インターン(米国シカゴ)
1974年Illinois大学病院 内科レジデント(米国シカゴ)
1976年Chicago大学 消化器科Clinical and Research Fellow
1978年帰国、国立病院医療センター消化器科医師
1994年国立国際医療センター第一消化器科医長
1998年国立国際医療センター 教育部長
2001年国立精神・神経センター国府台病院外来部長
2003年国立精神・神経センター国府台病院 副院長
2005年独立行政法人国立病院機構さいがた病院院長
日本消化器病学会専門医・評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・評議員日本消化吸収学会理事、日本神経消化器病学会理事、日本静脈・経腸栄養学会評議員
炎症性腸疾患・機能性消化管障害(過敏性腸症候群など)・消化管運動臨床栄養・消化器癌など
富山病院 便秘外来
 富山県富山県射水市下若89-10 0766-52-2156
【病院の特徴】
 仏法に説かれている自利利他の精神に基づいて、安心と満足の医療をめざしている病院です。
 他人を幸せにするままが、自分も幸せとなる。 これが、自利利他ということです。
 富山病院では、相手も自分も、共に幸せになる自利利他の精神で、 安心と満足をお届けできる医療をめざしています。
 患者本位の医療を実践し、24時間救急診療体制をとり、住民の皆様の健康と生命を尊重する病院組織を築き、在宅療養を全科往診で支援し、各科の特徴を活かした良質な医療を提供することを病院の基本方針としています。
 木曜日の夕方に便秘外来を受付けています。便秘治療には、排便状況、便の性状、食生活、ストレスなど十分な問診による便秘のタイプの診断と、それに応じた具体的な生活指導、適切な投薬が不可欠で、診療にはある程度の時間が必要となる為、便秘専門外来を開設しました。

【doctor's profile】病院へのヒアリング等による情報を掲載
真野鋭志先生(食法楽医長、病棟医長)
信州大学医学部卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医、
日本消化器病学会消化器病専門医、
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会、
米国内科学会所属
専門は、消化器内科一般、生活習慣病、臨床栄養学、便秘治療
 便秘に関する論文も多数執筆しており、2008年には「便秘外来においてポリカルボフィルカルシウムが著効した便秘型過敏性腸症候群(IBS)の2症例」という論文を書き上げました。
浦田クリニック 便秘外来
 富山県魚津市石垣389 0765-23-6366
【病院の特徴】
 浦田クリニックはかかりつけ医療機関として、新時代の地域連携医療に協力しています。
 かかりつけ医として医学全般の広い知識を持ち、病気の治療や精神的なケアから健康管理までを担当するとともに、法人内の老人保健施設ちょうろく、その他在宅介護サービスなどと密接に連携し、患者に安心した療養生活を送ってもらえるよう、24時間365日体制でサポートしています。
 また、浦田クリニックでは予防医療にも力を入れています。
 従来の健診やドックの充実はもとより、より若々しく、もっと元気になろうとする意欲を刺激するアンチエイジングドックなどの新しい健康診断システムを導入し、地域住民の皆様の健康増進に貢献しています。
 疾病予防運動施設「スコール」と連携し、科学的な運動療法や食事療法、カウンセリングによるストレスケアや漢方、アロマセラピィーなどの伝統療法の提供を通じ、生活習慣病の治療と予防に努めます。
 浦田クリニックでは、診断・治療に、より専門的な知識・技能を必要とする疾患に対して専門外来を設けて対応しています。便秘外来もその一つで、できるだけ薬は使わず、漢方や機能性食品、運動療法による治療を目指しています。

【doctor's profile】病院へのヒアリング等による情報を掲載
日下一也先生(院長)
内科(一般・消化器・内視鏡)
秋田大学医学部卒 日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医 日本消化器内視鏡学会専門医 日本抗加齢医学会専門医

 「気になる症状があるけど、何処へ相談すればいいか分からない・・・」「男性医師には、言いづらいこともあるので・・・」といった女性に対するきめ細かな配慮のため、女性外来を設けています。
 これは女性の身体の不調について、女性医師に相談できる専門外来で、女性特有の病気をはじめ、健康に関する不安まで、特に疾患を限定しません。
 女性の「こころ」と「からだ」を総合的に捉え診療を行っていますが、専門的な診療が必要な場合は、同病院の専門医師もしくは他院に紹介を行っています。
ティーズ内科クリニック 便秘外来
 石川県金沢市松村4-308  076-255-1002
【病院の特徴】
 医師2人体制(男女)で診察を行っており、他の病院と比べて診療に十分な時間を掛けることが出来、、かつ診療もスムーズに行えます。また、専門性や希望に応じて振り分けも可能です。
 ティーズ内科クリニックの特徴として、
・電子カルテ使用のため、効率のよい診療を行える。
・腹部・甲状腺・血管の超音波検査が出来、甲状腺では穿刺細胞診も可能で、金沢大学などと連携している。
・経鼻内視鏡を導入し、苦痛の少ない検査を心掛けている。
・HbA1c、CRPを含む一般採血検査の迅速測定可能。
・処置ルームでは、低くて広いベッドにて安全で快適な点滴が受けられる。
・保険診療で禁煙治療を行っている。
・各種ワクチンも随時施行。
・検診にも力を入れている。
といった点が挙げられます。
 便秘外来は、消化器内科にて受付けており、男女2人の医師が診療していますので、待ち時間が少なくてすみます。

【doctor's profile】病院へのヒアリング等による情報を掲載
土山智也先生(院長)
1996年金沢大学医学部卒
1996年金沢大学医学部第一内科入局
1997年富山労災病院内科研修医
1998年福井県済生会病院内科医員
1998年金沢大学医学部附属病院 第一内科
1999年金沢赤十字病院内科医員
2000年金沢大学医学部附属病院第一内科
2001年金沢有松病院内科医員
2002年金沢赤十字病院内科医員
2004年国立病院機構金沢医療センター消化器内科医員
2005年金沢大学医学部附属病院消化器内科助手(現助教)
2007年金沢大学がん高度先進治療センター助教
2008年石川県済生会金沢病院 消化器科 医長
2009年ティーズ 内科クリニック医院長(現職)
 院長の土山智也先生は、消化器疾患、肝臓病、消化器系のがんを専門にしています。
 毎週月曜日の午後は、済生会病院で内視鏡検査施行のため不在です(月曜日であれば同病院から依頼した患者は紹介料なしで自ら行っています)。

 (スポンサードリンク)
   

便秘外来のある病院(エリア別)
 便秘外来の看板を掲げている全国の60超の病院をご紹介しています。
北海道・東北 北関東 千葉・埼玉 神奈川 東京都23区内
東京都23区外 北陸・信越 名古屋 東海(名古屋以外) 大阪府
近畿(大阪以外) 中国・四国 福岡 九州・沖縄  
乳幼児・赤ちゃんの便秘を診てくれる便秘外来
 NAVERまとめ 「便秘解消に関するまとめ」 

<関連情報>
便秘外来に興味はあるけれど、病院に行くのはやはり抵抗があると言う方が多いようです
 便秘外来に興味はあるが、「やはり恥ずかしい…」とか「病気ではないからまあいいか…」といった理由で、便秘を放っておく方もかなりいらっしゃるようです。
 こうした中でいま若い方を中心に注目を集めているのがオリゴ糖です。
 オリゴ糖が便秘解消に効果があるという情報がありますが、一方であまり効果がなかったという意見も寄せられています。オリゴ糖は甘味料として市場にも出回っていますが、そのほとんどは合成されたもので、オリゴ糖の純度はかなり低いものが多いようです。
 また、オリゴ糖が含まれた清涼飲料水や、キャンディーなどのお菓子、ヨーグルトなどの乳製品なども販売されていますが、それらの食品に含まれているオリゴ糖の量もあまり多くはないようです。
 オリゴ糖による便秘効果を期待するのであれば、天然のオリゴ糖が多く含まれている粉末のオリゴ糖を摂取するのが良いと言われています。
 カイテキオリゴ という商品がありますが、この商品の中に含まれる天然オリゴ糖は、98%という高い純度を誇る天然の粉末オリゴ糖で出来ています。
 一般甘味料として出回っている甘味料のオリゴ糖の純度が約30%と言われていることからも、非常に高い純度であると言うことが言えます。
 この商品はネット上で話題になり、同種の商品の中で他を寄せつけない圧倒的な販売実績を誇っています。


便秘解消.net
COPYRIGHT (C):benpi.net ALL RIGHTS RESERVED.